« SONAR6の起動時間 | トップページ | 国産フリーのMIDIシーケンサーDomino »

2007年7月23日 (月)

V-Vocal使ってみました

今までほとんど触れてこなかったV-Vocal、ちょい使ってみました。
ボーカルのピッチの微調整(音外れてるところを修正)であれば、少しパラメーターをいじってボタンを押せば勝手にやってくれます。
どのスケールに沿わせるか鍵盤風の画面で設定出来たりと便利な仕様。
もちろん手動で好きなところも弄れます。
全体を自動でフィックスしただけでは、ポルタメント的な部分が不自然な音になってしまったりするので
適宜手動での調節が必要になってきますね。
音質に関しては、まだ使い込んでいないのであまり無責任にあれこれ言えないのですが
3度とかズラしても個人的にはわりと問題ない感じでした。
ただピッチを変えただけでは声の具合が極端に変化するのですが、「フォルマント」をいじってやると見事に調節出来ます。
このパラメーターすごいですね。
フォルマントだけを変えることも出来るので、同じボーカルの波形から別人の声に変えたようなものが作れます。
一人で厚いコーラスを作りたいなんて時に使えるかもしれません。
オクターブ下のハモりを生成、とかもちょっと試してみましたが、実際に使えるかは微妙な感じ。

ところでそもそもV-Vocalは
・ピッチ
・タイム
・フォルマント
・ダイナミクス
をそれぞれいじれるモードが独立して存在するのですが
このダイナミクスってのが、とても汎用的に使えるかもしれないと思いました。
僕は以前SONARにもAudacity(フリ-の波形編集ソフト)のエンベロープツールなようなものがあれば、と書いたと思いますが
それに近いです。

V_vocal_ui

波形の一部を簡単に増幅したり出来るので、ボーカル以外にも打ち込みのストリングスの音量変化を書くとか色々使えそう。
音量変化というといわゆるオートメーションで書くという手もあるのですが、クリップを直接編集出来たほうが色々と便利なんです。
同様に、タイムというモードもかなり色々使えそうですね。
フレーズの一部を伸ばしたり縮めたりっていうのは、普通のタイムストレッチではここまで快適に出来ませんから。

これからもちょくちょくいじって使い方を覚えたいと思います。

|

« SONAR6の起動時間 | トップページ | 国産フリーのMIDIシーケンサーDomino »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/191939/7243467

この記事へのトラックバック一覧です: V-Vocal使ってみました:

« SONAR6の起動時間 | トップページ | 国産フリーのMIDIシーケンサーDomino »