« 音作りは打ち込みと | トップページ | Classicシリーズ »

2007年6月25日 (月)

DTMアンケート第2回

ちょっと家を離れてました。

この前までの一ヶ月間行っていたDTMに関するアンケート。
今回の質問は「これからのワークステーションシンセに一番求めるものは?」でした。
質問があまり良くなかったのか、前回の方が答えやすいものだったからか、回答数は減ってしまいましたね。
個人的には「一番」の部分が重要で、みなさんが何を求めているのかな~と興味ありました。
で、結果は以下のように。

Dtnenq2

1位は44%の「音色クオリティの向上」ですね。
やっぱりシンセは音色クオリティありきですし、近年ソフトとの音質差が気になっている人も多いのではないでしょうか。
搭載波形容量が数百MBになったと言われてもソフトはGBクラスですからね。
ハードとしてはすごいと言われても、ソフトも含めてもすごくないとあまり魅力がないように思います(ソフトシンセは利便性も高いですから)

あとの選択肢はいずれも2票や1票なので順位を見てどうこう言えるレベルではありませんが
「エフェクタークオリティの向上」に2票入っているのは意外でした。
ワークステーションのエフェクトはある程度の段階に達していて特に向上を求められていないというイメージがあったので。
ただ、これも1位の項目と「音の”質”を追求する」という意味で共通していますね。
ということで、多くの利用者は今は機能面の小細工よりもとにかく質の良い音を、と思っているのではないでしょうか。

次の質問はまだ考えていないので、思いついたら載せときます。

|

« 音作りは打ち込みと | トップページ | Classicシリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTMアンケート第2回:

« 音作りは打ち込みと | トップページ | Classicシリーズ »