« 雷鳴ってましたね | トップページ | 苦戦中 »

2007年4月10日 (火)

Sonitus fx:wahwah レビュー

Sonitus_wahwah

いわゆるワウ・エミュレーター。
Sonitusのエフェクトは全般的に「ある機器の再現」等のコンセプトは特には見られず、むしろデジタル的な使いやすさを追求しているような印象ですが(まぁビンテージ機器を意識したプリセットなんかはあったりしますが)
このwahwahだけはヘルプに「アナログ・モデリング」という言葉が登場したりと、実在のストンプ・ボックスの再現を意識した造りになっているようです。

まずこのwahwahには3つのモードが用意されています。

・Manual --- 手動でフィルターの動きをコントロール
・Automatic --- テンポ(BPM)を入力して周期的にフィルターを動かすモード。
・Triggered --- 入力信号とスレッショルドの設定に応じてアタックタイムとリリースタイムでフィルターを動かすモード。いわゆるオートワウの状態でしょうか。

上記三種類あると、ストンプ型エフェクトでペダルを踏み込む動作だとかギターのカッティングに役立つ周期的なワウ、クラビの刻みにファンキーな効果を加えるオートワウ等求められるものが幅広く作れて嬉しいです。
Triggeredモードの動作を作れるエフェクトって、フリーとかでは案外なかったりしますしね。

肝心のローパス&ハイパスのフィルター部分は、フリーケンシーもQもほどよく幅広く設定出来て、使いやすいものです。
効きも滑らかで良い感じですね。

全体的に見てみて、機能と使い勝手のバランスがとても良く優秀なプラグインだと思いました。
ちゃんと使いたい要素は満たしてくれているけど、シンプル。という感じですね。
エレキギターやクラビに伝統的な使い方をするのも良いし、ドラムループとかに攻撃的な使い方をするのも良いと思います。
ワウの動き状況がパネル上部の青色のノードで常に表示されるのも非常にわかりやすい。
Automaticでも規則的じゃなくてランダムに動く、みたいな多少ぶっ飛んだ機能も少し搭載してくれると個人的には面白かったですけどね。

|

« 雷鳴ってましたね | トップページ | 苦戦中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sonitus fx:wahwah レビュー:

« 雷鳴ってましたね | トップページ | 苦戦中 »