« あれ | トップページ | 波形編集ソフトAudacity »

2007年3月21日 (水)

DSK Brass

VSTiのレビュー追加しました。
基本的にVAシンセのレビューが多い気がしますが今回はブラス音源。
フリーとは思えないほど高品質です。

しかしさすがに最近PCのスペックの低さによるストレスが限界に近づいておりまして…
DELLの前回のデスクトップ配送料無料のサービスとかには乗り遅れたんです。モタモタしてるうちに終わっちゃいました。
とりあえずメルマガ(?)登録しといたんで、また安いクーポンが発行されたみたいなんですが、それでも多分この前よりは高くなる。
部屋が狭くて配置の融通利かないんで省スペースのDimension C521を狙ってたんですが、静音性を考えるとE521のほうがいいんですかね。

|

« あれ | トップページ | 波形編集ソフトAudacity »

コメント

このサイトのレビューをよく参考にさせていただいている者です。
自分は3月上旬にSONAR6PE用にと、初めて自作PCで環境構築しました。テーマは「高性能重視、かつコスト面も考慮」です。

今旬なCPUはやはりCore2Duoで、DAW用にも非常に評価が高いので自分もE6600(2.4GHz)にしました。

----------------------
[CPU]:40.000円前後
Core2Duo E6600(2.4GHz)

[メモリ]:30.000円未満
UMAX PULSAR DCDDR2-2GB-800
(2GB ※DDR2-800MHz)

[HDD]:10.000円未満
HITACHI HDT725032VLA360
(320GB SATA-2 7200回転 キャッシュ16MB)

[ビデオカード]:13.000円前後
GeForce7600GS-E256H/HS
(※ファンレス/メーカー:玄人志向)

[マザーボード]:18.000円未満
ASUS P5B (INTEL P965系)
(※グラフィック機能無し)

[PCケース]:10.000円未満
SCY-0311WH
(※電源付属:400W)

[ドライブ]:10.000円前後
PIONEER DVR-A12J-W
(※スーパーマルチドライブ)

[OS]:23.000円前後(DSP版)
Windows XP Professional SP2
---------------------------------

自分はソフマップでパーツ特有の割引などで
142.200円でした^^ なので150.000~160.000円あれば
おつりがくるはずです。

自分が音楽関係者数名に聞いた事や、調査を行った際のメモを書いておきます。

CPUはE6600がベストです。E6700以上のものにすると、一気に値段が跳ね上がり、またE6600との性能差をほとんど感じられないでしょう。
E6400を選ぶと、L2Cache(2次キャッシュ)が2MBになってしまうので、これもイケてません。L2Cacheが4MBあるE6600が絶対にお勧めです。
Core2Duoよりも上位のCPU(Quad Core)も、現時点では価格が高すぎて、かつそこまで高性能なCPUはまだ手を出す必要性は無いと思われます。(この辺りのCPUは来年以降主流となり、普及するかも?? と言われています)

メモリは要領だけでなくアクセス速度も大事で、
今だとDDR2-800のメモリが手頃で高速です(CPUと一緒でクロックの高い方が当然良いです)。自分は800MHzで、要領をとりあえず2GBにしています。今のところ十分速く動作するので増設する予定はありません。

HDDは回転速度とキャッシュが大事だと言われています。
自分は7200回転でキャッシュは16MBのものを使っています。
これもスペックとしては非常に良いです。
接続は当然S-ATAⅡで…。
BFDなど音源を用いて作業をするのであれば、もう1つHDDを用意して、そちらに音源を置くと良いでしょう。さらにデータ保存用にHDDを用意してやると言うこと無いですね^^
自分は後に3つ体制にする予定です。

ビデオカードは必須だと考えます。
マザーボードに搭載されている(オンボード)グラフィック・ビデオ機能を用いると、メインメモリの帯域を使用してしまうので、それを防ぐ為にビデオカードにグラフィック等の処理をさせるのが目的です。
(自分が買ったマザーボード(P5B)は元々グラフィック・ビデオ機能がありません。なのでビデオカードは必須です。)
SONAR6等の音楽制作ソフトに3D処理などはありませんので、高価なビデオカードは全く必要ありません。ただしOSをWin Vistaにする場合はそこそこ高価なビデオカードの導入を考慮する必要があるかと思います。
レコーディングを考慮するとファンレスのビデオカードが良いですが、熱が気になる人はファン付きを選ぶと良いでしょう。(排熱がちゃんと出来ていればファンレスで問題ないと思います)

ドライブは極端にうるさくなければ何でも良いと思います。自分が買ったのは静音でかつ書込みエラーがまず発生しないと言われているDVDスーパーマルチドライブで、これも評判が良いヤツです。


長くだらだらと書いてしまいましたが、PC購入の参考になれば幸いです。自分は今の環境を1年半~2年くらい使う予定です。(その頃にはもっと良いパーツが世の中には出回っているはずなのでまた環境作り直します。)

ちなみにこの環境で10トラックで各トラックにエフェクトを1~3つかけ、オーディオトラックなしで全てのMIDIトラック/ソフトシンセ(SessionDrummer2やPentagon,TTS-1など)を立ち上げたまま録音再生しても、CPUが25%を超えたところを見たことがありません。WDM/ASIOどちらのドライバも試しており、その時のレイテンシは9[msec]にしています。(もっと小さく出来ると思いますが…)
とにかく今の自分の環境だと超快速快適で、動作上のストレスは一切ありません。この環境を150.000円未満で手に入れられたというのが何よりも嬉しかったです。

自分も自作は初めてだったので自身がありませんでしたが、何とかなるものです。ソフマップに自作PC組み立てキットがありますので、そちらを購入するのも良いと思います。上記にあげた組み合わせに近いです。今だとE6400とE6600の2タイプありますが、当然E6600の方で...。
どうしても自身がなければ、ソフマップの牛丼シリーズやバーガーパソコンシリーズなどで同スペックのものを探すが、DELLやドスパラなどで同スペックのものを探すのが無難でしょう。(DELLで上記のスペックに近いものにすると、200.000円を超えます)

"ソフマップ"と連呼していますが、別にソフマップである必要は全然ありませんです。(今回お世話になったのがたまたまソフマップだっただけで…^^;)

<最後に>
モニターは元々持っているものを使っています。
(24インチワイドで、1920×1200)
画面は大きければ大きい程良いですね☆

OSはXP、Vistaどちらでもよいと思いますが、Vistaの場合はお使いのソフトやAudioI/F等の機器がVistaに対応しているかどうか確認する必要があります。また、Vistaは立ち上げてから何もしない状態でもメモリを500MBは食っています…っ
64bit版OSの必要は今現在は無いと思います。主流になるにはまだまだでしょう。
正直、XP Pro SP2が無難で非常に安定しています。


それではまた機会がありましたら。


投稿: ヴィンセント | 2007年3月22日 (木) 05時35分

>ヴィンセントさん

これはこれはとっても丁寧な情報ありがとうございます。
同じSONAR6PEユーザーということで、共感を覚えますね(笑)
PCについて、正直素人に近いので色々勉強中です。

んー、やっぱりE6600ですか。評判良いですね。
全体的にヴィンセントさんの構成だととてもバランスが良いように見えますね。
そのスペックで150.000円とは、魅力的です。
ただ、自作ですか…興味はあるのですが、なんだかんだ言って機械類に弱いのと時間的な都合やいざ故障の時など自分で対応するだけの覚悟が持てないので恐らくショップに頼ることになりそうです。
そうなると多少見劣りするスペックのPCを買うことになるかもしれませんが…
XPでメモリ2GBあたりは外せない要件になるでしょうね。

本当、ヴィンセントさんのPCをそのままコピーしてもらいたいぐらいですが(笑)
参考にさせて頂き、また色々調べてみたいと思います。
非常に勉強になりました!

投稿: Kuro | 2007年3月22日 (木) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DSK Brass:

« あれ | トップページ | 波形編集ソフトAudacity »