« Synth1で揺らぎを作る | トップページ | 試作品~GrooveSynth&PRYN II~ »

2007年2月21日 (水)

地味シリーズ

SONAR6の、地味だけどあるとちょっと嬉しい機能シリーズ。
今回はソフトシンセ・バスの波形プレビューとピークマーカー機能です。

Wavepre

まずピークマーカーですが、これは再生した時にその時点で通過した中で最大音量(ピーク)の場所を一時的にマーカーで保持してくれる機能です。
曲を聴いてみて、よくよくメーターを見たら赤く点灯してるけどどこでクリップしたのか…とかもすぐわかるので便利。

さらに波形プレビュー。
ほとんどのDAWでは録音したオーディオの波形を表示するのは当然ですが
これはソフトシンセの出力波形を再生と同時にリアルタイムに描画していってくれます。
フリーズとかでなくリアルタイムなので、再生しながらシンセのパラメーターをエディットしたりコンプをかけたりしてもそのまま反映されます。
オーディオの出力をバスに送っている場合そのバスの出力波形もプレビュー出来ます。
まぁ、ミックスとかは耳でする作業なのであくまでも参考程度ですが…
ちなみに、これらの機能はもちろんON/OFF選べます。

|

« Synth1で揺らぎを作る | トップページ | 試作品~GrooveSynth&PRYN II~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地味シリーズ:

« Synth1で揺らぎを作る | トップページ | 試作品~GrooveSynth&PRYN II~ »